CGミッション発表会2014

9月10日(水)
音響効果部会議室にて、
毎年恒例、新入社員による「CGミッション」発表会が行われました。

「CGミッション」とは。
音響効果制作部の新人各々が、
課題の動画(番組のタイトルCG等短い尺<5~15秒>が多い)に
音楽・SEを付けて作品を作るというものです。
研修期間中、空いている時間等を利用して一人で作業をします。
目的としては、
・音響効果としての能力を見出す
・Protoolsなど機材の使い方の習得
・自身の音楽・SEのライブラリーを増やす
                                                                  などが挙げられます。

 単独で作業した結果を、大人数の前で発表するという
『研修期間のまとめ』的な場であります。

←会社内に案内が貼られておりました。

今回は、一人の新人が発表しました。

 


用意されたスクリーンに動画を映し出し、
皆で観れるような環境での発表会。

 上司、先輩方に見守られながら、自分で仕上げた作品を発表していきます。
緊張した面持ちです。
「これはどういう考えから、音楽を選んだのか」
「どんなところに着目して作ったか」 など、
各々説明しながら映像を流していきました。


Protoolsの編集画面も見せながら説明。
選曲を悩んだ跡があったり、どのくらいSEが付いていたりというのが、
ここで見ることができました。

一通り発表を終えたところで、質疑応答。
「作業の時間はどれくらいかかったか」「大変だったところはどこか」等。
先輩方からのアドバイスなどもありました。

本人からの感想では、
「自分が求めるSEを、うまく探すことができなくて大変だった。
最初は出来た満足感があったが、発表しているうちにだんだん自信がなくなってきた。」
と後悔の声も。
しかし、「これから頑張っていきたいと思います!」と最後はコメント。

もう一人、営業班に所属になった新人からも、
「信頼のおいていただける営業になりたいです。」
と、これからに向けての一言を発表し、
今年の「CGミッション」発表会が終了しました。

 

ひとまず発表が終わって、緊張が解けた様子でした。
お疲れ様でした。