2月の終わり

最近の昼飯のライスには、雑穀米がマイブーム。おつかれさまです。

 

今月は28日しかないので、なんだか、つんのめった感じで3月を迎えるんです。

そーこーしていると、次第に暖かくなって、花粉がやってきてさらに春めいていくんですね。

花粉は嫌だけど、暖かいほうが良い。もっと春よ来い!

そんなことより

通勤時間が大げさに言うと、2時間かかるんです。軽い遠足です。

着いた場所に温泉湧いてなかったら、がっかりなレベルです。

 

ですから、たまにはこうやって自らを送り届けたい気分に駆られるんです。

誰か、送って下さい、わたくしを。届け先はもうこうなったらどこでもいいです。

 

こんな変なことを考えるのも、ただいまお腹が減ってるからでしょう。

さーてそろそろ、雑穀米を食べにお家に帰るとします。おつかれさまでしたー。

 


ハイキ -続-

 

倉庫整理のため 長年使っていた道具を

引き続き廃棄作業。

まだまだ継続中…

 

 

 

 

そのかわり生きるモノは直しに。

 

 

 

 

 

 


地震特番。

 


 

 

 

 

皆様、おはようございます。
今日は春を思わせる、温かい日になりましたね(^▽^)♪♪

さてさて、昨日は、
『緊急!池上彰と考える巨大地震〜その時命を守るために』
の放送がありましたね。

4時間の長時間放送ではありましたが、
実験道具や説明用の小道具など、
色々な仕掛けや工夫が凝らされていて、
観ていて惹き付けられました☆★★

 

その放送のスタンバイ時にお邪魔させて頂くと、
特殊装置担当の富士オートメションの美術スタッフが、
それぞれの装置の確認や点検をしておりました。

各道具の要所要所に富士オートメーション製の鉄骨や機材が使われており、
大活躍のオトメさんチームでした(^o^)b

 

そんなオトメさんの活躍を横目に、
担当美術制作の清水が、事細かに色々な道具の説明をしてくれるのでした。

地震実験装置。

清水といえば、弊社きっての食いしん坊美術制作でありまして(^o^)”

羊羹をアクリルボックスの中に沢山敷き詰めた装置の前で、
「もし蟻なら溺れるほど羊羹が食えるよー」
と羨んでみたり、

寒天ボックスの前では、
「あんみつ何杯分になるだろねー」
とあんみつの味を想像してにんまりしたり、

お豆腐ボックスの前では、
「これが豆腐じゃなくて杏仁豆腐だったらいーのにねー」
と、心の声をはっきりした肉声でもらしてみたりと、

大体の思考が、食欲に直結してしまうのでした(^^;) 

 

でもでも
これら多くの実験をするにあたり、
何日も前からシュミレーションを繰り返して、
制作スタッフの方々とも情報交換し合いながら、
全部の実験が成功するよう、協力体制を作って取り組んできたという事で(^_^)/、

昨日の放送を経て、
本日、 各担当者にお礼の電話をしながら、
それぞれの実験の成功を、ほのぼのと喜び合う清水の姿がありました☆☆☆

   ヤベ : 無事に終了して、大成功だったみたいでよかったですねー。
   清水 : ねー。あの豆腐が杏仁豆腐だったらもっと良かったよねー。
   ヤベ : ・・・。(もう何も言うまい(-_-)。)


木。

音響制作部の部屋に、木が生えました。 

チュッパチャップスの木です。
135本、チュッパチャップスがなっています。

 

それが1日で、

 こうです。

 

 
裸にされる日も近い。


バラシ

 

 午前中は だいたい各番組から戻ってきた道具の

片付けから作業が始まります。

 

 

 

 

 

その他にも

番組(ドラマ)が無事終了するとSETで使用の

大量のユニットパネル

 

 

 

 

 

 

バラシて また次の番組へ。。

 

 

 


続報。

ニュースキャスター(以下、N)「臨時ニュースです。密かに動向が気になっていた『あいつ』に続報です。現場の記者の方に伝えていただきましょう。」

記者「はい、こちら北海道滝川市にある実家の前に来ています。このところの大雪の影響かと思います、雪がだいぶ積もっています。」

N「そうですか。」

記者「例年より降雪量が多かったと聞いております。街の人は、雪かきに追われているそうです。」

N「なるほど。それで、動向が気になっていた『あいつ』ですが、今の状況を教えてください。」

記者「はい、こちらになります。」

 

 

 

 

 

 

 

 

記者「残念ながら、面影は残っていません。前回、気温の上昇によりやせ細ってしまったのですが、見てください、横に打ち付けられたように積もった雪によって、大きく膨れてしまいました。吹雪によるものとみられます。もはや、「だるま」とは言えないでしょう。「雪」です。しかしながら、手に見立てた棒は、積雪にも負けじと顔を出しているところをみると、耐え忍んでいるようにも思えます。」

N「そのようですねぇ。」

記者「これからまだまだ寒い北海道ではありますが、『あいつ』がこれからどのような変貌を遂げていくのか、見物です。以上、北海道よりお伝えいたしました。」
N「ありがとうございました。ますます気になりますね。次はスポーツです。」

 

 

 

注)最後まで読んで、どうも訳がわからんなという方。恐れ入りますが、これまでの音響効果チームブログをご参照ください。「あいつ」がわかります。

 

 

 


ハイキ

今までお世話になった道具たちを、思いを込めてバラバラにしてます。

こんちきしょー こんちきしょー と。

でも、それじゃあ、いくらなんでも浮かばれませんので

カキ カキ   カキ  カキ ・・・・

スリーサイズを、、あ、いや、

寸法を控えて、またの時に備えるのです。

 

また、逢う日まで。。

 


強い味方。

先日、「アックス」の新年会が催されました。
後日詳細レポートを掲載しようかなと思ってます。暫しお待ちを。
(遅くなってしまいますが、申し訳ございません。)

 

さて、突然ですが、
今、「ある」準備に追われています。
仕事とは関係はないのですが、
何かとせわしない毎日を送っております。

しかしながら、もちろん
「食」を欠くことはできません。
日常でも、時間が不規則な我々のこと、食べる時間もまちまち。
家に帰っても、もはやゴハンを作る気力すらない日だってあります。

そんな中、たまにうちに強い味方が訪れます。
「カレー」です。
彼は、一回作ると3日は頑張ってくれる、頼もしいやつです。

月曜日に作ったカレー。
昨日ちょうど3日目を迎えました。
良い味を出してきて彼の良い仕事ぶりには、助けられるばかり。

しかし時に、
「またカレーかよ」

彼は、自らの形を変えようとします。

カレーうどん。
カレーラーメン。
カレーピラフ。
カレードリア。
カレーパン。

…
どうも、彼の主張は強すぎるようです。

しかし、今日も
そんなカレーに助けられました。

ありがとうカレー。
今日も頑張れ、カレー。

本日、キレイに完食しましたとさ。
ちなみに、昨日の岩佐のカレーはこんな感じ。

マヨネーズカレー。マヨラーの方はぜひ!お試しください!!

火曜曲!生放送。

 

 

 

 

 

 

皆様、おはようございます。

昨日は、『火曜曲!』の生放送がありましたね(^o^)♪♪
生放送前の緊迫したリハーサルの最中に、
働く後輩達の姿をウォッチングして参りました。

昨日は、TBSのAスタジオBスタジオの2ステージを使っての生放送だったので、
各スタジオに1人づつ、担当の美術制作がついておりました。

メインのAスタジオには、レギュラーで『火曜曲!』の担当である朝川
Bスタジオには、レギュラーでは『CDTV』や『さんまのスーパーからくりTV』等を担当している

二人とも緊張感のある顔で、カメリハに望んでおりました。

 

Aスタジオ裏で、アクリル装飾のヤマモリ担当者と打ち合わせをする朝川であります。

モニターを見て確認作業をする朝川。 (内緒ですがこの写真は、モニターとかチェックしてみたらよくない?と言って撮りました。(^^;))

セット裏や美術控え室と言われる所には、このように、
カメラさんの撮っている映像をチェックできるモニターが置いてあります。
その映像を見て、美術制作は、
カメラワークによってどこをケアしなければならないか、とか、
本番と同じ動きの中で何か問題はないか、とか、様々な箇所を見ながら、
直して欲しいところがあれば、担当の美術協力会社の方達にモニターを介して説明したりします。

 

Bスタジオを覗いてみると、セットをモップ掛けする桂がおりました。

モップがけをする桂。(内緒ですがこの写真は、モップとかかけたらよくない?と言って撮りました。(^^;))

セットの掃除にも色々な意味がありまして、
掃除をしていきながら、演者さんの動線を確認しつつ、
そこに危険なものが落ちていないか等を最終チェックいたします。

一枚目の写真の桂は、
ビルメンさん(セットの清掃担当の方達)に、
特効(紙吹雪やドライアイス等々)の後の清掃の段取りを説明しておりました。
入るタイミングや時間や、現在の進行状況等々。

そして、二枚目はバトン操作板にて、
セット裏の演者さんの動線を確認する為に、
そこを隠していた黒幕を吊った美術バトンを上げたりしておりました。

 

本番の真剣勝負の最中に撮影はできないので、
リハの合間の一息ついている時にお邪魔いたしました
ヤラセ風味満載の写真ではありますが(^^;)
いつもしている仕事の風景を忠実に再現しておりますo(^~^)o

こんな風にして、色んな状況に気を配りつつ、本番を迎えているのです。
今度から、そんな裏側も想像しつつ『火曜曲!』 を観てみて下さいね〜(^▽^)/♪♪


アックス緑山セミナー。

 

 

 

 

 

皆様おはようございます。

先週の16日(土)に、緑山スタジオにて、
”TV美術の仕事を知ってもらおう!”というコンセプトの元、
大学2,3年生を対象に、弊社アックスのセミナーを行いました。
多数のご参加を頂きまして、ありがとうございましたm(_ _)m♪♪

私ヤベは、頑張る若者に萌えてしまう癖があるので、
やる気満々でまっすぐな若者達の眼差しに、何度もぐっときてしまったのでした。

アックスセミナー講義中です。

あまりに素敵なオーラの背中達だったので、ついシャッターを切ってしまい、
参加者の皆様の集中力を削いでしまってごめんなさいm(__)m。

 

講義の後、総勢80名弱の参加者の方々を6班に分けさせてもらい、
スタジオや大道具,小道具倉庫等の見学を行いました。

D班。1Fの工場、ピロティの見学中。     (風の強さ冷たさで固まりそうでした(>_<)。  寒い中、本当にありがとうございました。)

 

見学が終わると、質疑応答の時間。
これからの人生の相当長い時間を過ごして行こうという場所を、
ちゃんと見極めようとする若者達の真剣な直球が、
バシバシとこちらのミットを打つのでした。

 

このセミナーに参加して頂いた事で、
今まではボヤ〜っとしか見えていなかった道が、
少しでも鮮明に、具体的に見えてきたと感じてもらえるお手伝いができれば、

そして、その経験が、
これから闘う見えない敵に対処する1つの術になれば 、
こんなに嬉しい事はありません(^^)
皆様の就職活動を心より応援しております☆☆☆